椎間板ヘルニアと腰痛、坐骨神経痛は関係ある?

椎間板ヘルニアと腰痛、坐骨神経痛は関係ある?

「坐骨神経痛」の事を病名だと思われている方が多いようですが、坐骨神経痛は「腰痛」等と同じようなその症状の名称です。
背骨から出ている坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後ろを下がり、ふくらはぎを通って足に達しています。
この坐骨神経が圧迫されて引き起こされる神経痛の総称を「坐骨神経痛」と呼んでいるのです。
坐骨神経痛が起こる原因として挙げられているものには、腰部脊柱管狭窄症、すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患など様々ありますが、その中に椎間板ヘルニアも含まれています。
椎間板ヘルニアは、主に腰の部分の腰椎第4と第5にかけて発症しますが、それが何故下半身全体の症状にまで影響するのでしょう。
それは、下半身の痛みを脳に伝えるのが、主に坐骨神経とその中枢にある脊髄の役割だからです。
つまり、下半身以外の箇所に異常があったとしても、お尻部分といった坐骨神経痛の痛みが何処かにあれば、それは下半身の痛みであると脳に伝えてしまうのです。
椎間板ヘルニアの症状が進行していくと、腰痛だけではなく、このお尻から太ももの裏にかけて鋭い痛みが走ったり、足全体がまんべんなく痛んでしまったり、と言ったケースが考えられます。
坐骨神経痛の症状は、安静にしていても痛みが治まらず、咳やくしゃみをするだけで激痛が走る場合もありますので、その元となる原因を探し出す事が重要となります。

関連ページ

椎間板ヘルニアの症状って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
ヘルニアの種類って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアになる原因とは?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアの原因って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
自分が椎間板ヘルニアかどうかをチェックするには?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。