椎間板ヘルニアの原因って?

椎間板ヘルニアの原因って?

椎間板ヘルニアの原因には、どのような事があげられるのでしょうか?
それにはさまざまなものがありますが、大きく分けると下記の4つがあげられます。

 

・普段の生活での動きが引き金となって起こるもの
・加齢による椎間板の老化によって起こるもの
・加齢による骨自体の老化によって起こるもの
・姿勢が悪く、それが原因で背骨が歪んでしまうもの

 

の4つです。
普段の生活から注意していれば防げる、姿勢の悪さからくる背骨の歪みによって起こる椎間板ヘルニアは、正そうと思えば正せます。
普段での動きが引き金となって起こる椎間板ヘルニアの原因には、背骨に負担をかけているケースが多いです。
たとえば、スポーツで腰を強くひねったとか、中途半端な姿勢で重い物を持ち運びしたとか、長時間の車の運転や座り仕事を繰り返していると、椎間板ヘルニアの原因になる事があります。
加齢による椎間板の老化は、椎間板は成人した頃から徐々に弾力性が欠けていくと言われていて、さらに年を重ねていくと、何気ない動きによる衝撃や圧迫にも弱くなって、椎間板ヘルニアの原因となるのです。
加齢による骨自体の老化は、カルシウム不足や偏食をする事で骨の密度が少なくなって、少しの衝撃で骨が欠けて椎間板ヘルニアの原因になります。
姿勢が悪く、それが原因で背骨が歪んでしまうものは、ずっと悪い姿勢のままでいると、背骨や骨盤がずれてしまい、そのまま骨盤がずれて腰椎も傾く事になります。
その結果、腰への負担がとても大きくなり、椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうのです。
これは防げるものなので、正しい姿勢を普段から心がけるようにしましょう。

関連ページ

椎間板ヘルニアの症状って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
ヘルニアの種類って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアになる原因とは?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
自分が椎間板ヘルニアかどうかをチェックするには?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアと腰痛、坐骨神経痛は関係ある?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。