椎間板ヘルニアの症状って?

椎間板ヘルニアの症状って?

椎間板ヘルニアは、よく知られている病気ですが、その症状がどんなものかをご存知でしょうか?
椎間板ヘルニアの症状を知るには、まず椎間板とは体のどこにあって、どのような役割を果たしているのか知っておく必要があります。
人間の体を支える背骨は、小さな骨が24本も集まってできています。
背骨を形成する小さな骨の間にあるゼリー状の軟骨が椎間板です。
人間が歩いている時の揺れや、ジャンプして着地した時の衝撃に耐えられているのは、この椎間板がクッションの役割を果たしてくれるおかげなのです。
椎間板ヘルニアは、加齢や激しいスポーツなどによって椎間板が背骨の外に飛び出して、神経を圧迫する病気です。
首から腰までのいろいろな場所に椎間板ヘルニアは発生しますが、一番多いのは腰のヘルニアでしょう。
椎間板ヘルニアの自覚症状は、その程度によってさまざまですが、

 

・腰が曲がりにくく、無理に曲げるとふくらはぎや太ももにびりびりした痛みが走る。
・背中や腰の凝りがひどく、30分以上歩くと腰が痛くなり、とても辛い。
・便や尿が出にくくなる。
または頻尿になる。
(重度の場合)
・立っているのが辛く、15分位のちょっとの時間でも椅子に座っているのも辛い。
・前にかがんだ姿勢でいると痛みが増す。
・足の一部分を触っても感触が鈍く、椅子に腰掛けている状態から立ち上がるのが困難。
・腰を伸ばした状態で足を持ち上げるのが難しい。

 

などがあげられます。
以上のような症状に思い当たりがある方は、椎間板ヘルニアの可能性があります。

関連ページ

ヘルニアの種類って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアになる原因とは?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアの原因って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
自分が椎間板ヘルニアかどうかをチェックするには?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアと腰痛、坐骨神経痛は関係ある?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。