椎間板ヘルニアになる原因とは?

椎間板ヘルニアになる原因とは?

腰痛と言えば椎間板ヘルニアですが、誰だって椎間板ヘルニアにはなりたくありませんよね。
椎間板ヘルニアになる原因を知っていれば、その予防も出来ますが、残念ながら現在でも椎間板ヘルニアになる原因は明確になっていません。
それは、椎間板ヘルニアを発症している患者の年齢層が幅広く、赤ちゃんでさえも発症していると言った事例があるからです。
ただ、そうは言っても、ある程度の原因は考えられています。
まずは、よく言われている加齢です。
椎間板と言う、骨と骨の間にあるクッションのようなものは、およそ80%が水分で作られています。
これが、年齢を重ねていく事で水分や弾力が失われ、クッションの厚みがなくなっていくと、クッションの役割を十分に果たせなくなってしまいます。
そうすると、骨と骨の間の負担が重くなり、髄核が突出するようになって、結果としてヘルニアが出来やすくなるのです。
それから、腰に対しての負担も、ひとつの原因であると言われています。
日常的に腰に負担を掛ける作業や動作を繰り返して行っている方は、椎間板ヘルニアの症状が起こりやすくなるでしょう。
この症状は、日常生活の中やスポーツの中で突発的に起こる方もいれば、徐々に痛みが起こってくる方もいます。
それに、姿勢の悪さも指摘されている原因です。
悪い姿勢や偏った動作を繰り返す事で背骨や骨盤がずれて、同じように腰椎も傾くようになり、ヘルニアが発症しやすくなります。

関連ページ

椎間板ヘルニアの症状って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
ヘルニアの種類って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアの原因って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
自分が椎間板ヘルニアかどうかをチェックするには?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアと腰痛、坐骨神経痛は関係ある?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。