椎間板ヘルニアは薬で改善する?

椎間板ヘルニアは薬で改善する?

椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨を繋ぐ軟骨部分である椎間板から、加齢や疲労などによって徐々に水分が失われ、それによって椎間板の中心部である髄核が外側に飛び出してしまい、その飛び出た部分が脊髄周辺の神経を圧迫してしまう状態のことです。
そして、神経が圧迫されることによって、腰痛や坐骨神経痛などの痛みを伴い、椎間板ヘルニアを発症した直後はぎっくり腰のような激しい痛みが出たり、最初はそんなに痛くなくても徐々に痛みが増していくこともあります。
椎間板ヘルニアの一般的な治療方法としては、発症直後から約3ヶ月間は、保存療法すなわち薬物療法で様子を見ることが多いようです。
椎間板ヘルニアで一般的に使用する薬には、ミオナールやロルカム、ボルタレンサポ、モーラスなどがあります。
ミオナールは、椎間板ヘルニアによって引き起こされた腰痛や足の痛みなどを和らげ、血行促進を促す薬です。
ロルカムとボルタレンサポは、腰痛などによって引き起こされた腫れや炎症を抑える対症療法薬です。
ヘルニア自体を治すという薬ではなく、ヘルニアに限らずあらゆる痛みに対しての鎮痛効果がある薬です。
モーラスは湿布薬で、服用タイプではなく患部の外側に貼り付け、痛みをやわらげます。
これらの他にも、ジアゼパムやメトカルバモールといった筋弛緩薬もありますが、これらは副作用がある薬なので、特に高齢者の人にはあまり使用されない薬です。
これらの薬を使いながら保存療法を進めていき、6ヶ月後にはおおよそ80%ぐらいまで回復するとされています。

関連ページ

椎間板ヘルニアを予防するには?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアはどうやって治療する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアの治療法の種類って?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアの手術ってどんなの?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアは手術で改善する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアはブロック注射で改善する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアは針治療で改善する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアは接骨院、整骨院で改善する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。
椎間板ヘルニアはカイロプラクティックで改善する?
椎間板ヘルニアとは腰痛の代名詞とも言われていて、少し椅子に座っているだけで腰が痛くなったりと、なかなか厄介な症状が現れます。ひどいものになると日常生活に支障をきたすようになるので、しっかり治療法を知っておきましょう。